BOUL'MICH History|系列店舗
トピックス

 Nouvelle 

トピックス
2017年4月20~5月14日
「第27回全国菓子大博覧会(通称・お伊勢さん菓子博)」が開催

三笠宮彬子女王様の御来臨を仰ぎ、三重県営サンアリーナ(伊勢市)で開会式が行なわれた。
吉田菊次郎は全日本洋菓子工業会ブースを担当。”一年の行事とお菓子”の展示を行なった。

【写真中央左】菓粗神をまつる和歌山の橘本神社宮司・前山和範氏と、全日本洋菓子工業会 専務理事山田澄晴氏
【写真中央右】展示内容
【写真右】準備中の吉田菊次郎と村松周

2017年4月8日
日本フィルハーモニー交響楽団のコンサート
東京オペラシティコンサートホールにおいて、小林研一郎マエストロの指揮による日本フィルハーモニー交響楽団のコンサートが行なわれ、天皇皇后両陛下の御来臨を賜った。
途中、吉田菊次郎が後援会副会長を務める、御息女の小林亜矢乃さんのピアノ演奏もあり、盛況を博した。

2017年3月22日
「MOMAJ・フランス農事功労章受章者協会」主催の菓子講習会
「MOMAJ・フランス農事功労章受章者協会」主催の菓子講習会が、
2017年3月22日東京・渋谷区の日本製粉・東京技術センターにおいて開催された。
講師は吉田菊次郎と小川奈々が務めた。
吉田菊次郎は「クレオパトラ・楊貴妃・小野小町の世界三大美女が食べたかもしれないお菓子」を紹介。
小川奈々は在仏中、星付レストラン等でシェフを務めた経験を生かしたビストロ・デザート2点を紹介。
多数の受講者の好評を博した。

【写真右】左から クレオパトラ「バラのアントルメ」、楊貴妃「ライチのデザート」、小野小町「ハチミツスイーツ」

2017年3月17日
「アペリティフの日・2017」
「アペリティフの日・2017」のイベント開催(2017年5月19~21日於・東京代官山ヒルサイドテラス)にあたって、
同日東京代官山においてプレス発表が行なわれた。

【写真左】中央・サヴィーヌ・オフェレール駐日フランス農務参事官/左・フレデリック・マドレーヌ氏
【写真右】右から2番目が吉田菊次郎

2017年3月12日
親友の衆議院議員土屋品子さんのフラワー発表会が、銀座東武ホテルで行なわれた。

2017年3月8日
吉田菊次郎・「国際女性デー・ハッピーウーマンフェスタ」の顧問に就任
3月8日は国際女性デー。国連が1975年に定めたこの日を日本にも定着させ、女性が輝く社会作りを産業化に繋げるべく「ハッピーウーマンフェスタ」が創設された。
多くの女性が関わる製菓業界の吉田菊次郎は、同会の顧問に押され就任。同会には安倍昭恵・総理夫人、シンガーの倉木麻衣氏等活躍する各界の著名人が名を連ねている。
2017年3月8日、東京渋谷のヒカリエにおいてその発会を祝う「ハッピーウーマン・フェスタ2017」と名打ったセレモニーが行われ、多数の報道陣が詰めかけてエキサイティングに盛り上がり、全国にそのニュースが流された。
2017年3月4日
2016年度・食の文化フォーラム・甘みへの文化」第3回の開催
「2016年度 食の文化フォーラム・甘みの文化」第3回が、「甘みの魔力」のテーマのもとに2017年3月4日、東京・港区の味の素文化センターにおいて行なわれた。
第1回は2016年6月4日「甘みのあこがれ」、第2回は同年10月1日「甘みの深化」のテーマのもとに行われ、この度はその締めくくりとしてのシンポジウムである。
当日は「甘みの生理学」、「甘みの恩恵への道」「総括講演」の3部立ての構成で組み立てられ深い内容と共に、鋭い質疑応答がなされ会場全体が熱く盛り上がった。
その中で吉田菊次郎は「近世・近代のヨーロッパの菓子文化」及び「日欧の食卓における甘味 文化の相違」についての講演を行なった。
2017年2月22日
森永製菓本社を訪問。資料室にて森永太一郎氏の愛用した自転車に触れる。

2017年1月20日
「生き物文化誌学会」
「生き物文化誌学会」の新年の集いが秋篠宮文仁新王殿下を交えて、東京目黒の目黒雅叙園において行なわれた。

殿下の右後ろが吉田菊次郎

2016年11月28日
日本ペンクラブによる「2016年ペンの日」の懇親会が東京の如水会館で行なわれ、抽選会においてブールミッシュ賞を協賛。

【写真左】ブールミッシュ賞 【写真中央】挨拶をする浅田次郎会長 【写真右】五木寛之氏講演

2016年11月7日
三國清三氏の叙勲パーティー
三國清三氏の叙勲パーティーが帝国ホテルで行なわれ、多くの著名人がお祝いに集まった。

【写真左】三國さんとお嬢さんと
【写真中央】櫻井よし子さんと
【写真右】山下泰裕さんと

2016年10月25日
「日本アイスクリーム協会・創立50周年記念」の式典
都内のホテルメトロポリタンエドモンドにおいて、日本アイスクリーム協会・創立50周年記念の式典が行なわれた。
その際、同協会の理事としてアイスクリームを含むスイーツ文化の啓蒙に務め、
また東日本大震災熊本大分大震災等において、お菓子を通して災害支援活動を行なった等の事由により、
厚生労働省医薬・生活衛生局生活衛生・食品安全部長感謝状を賜った。
2016年10月21日
高円宮家へ献菓
吉田菊次郎・悦子夫妻、取締役海外担当・吉田真悟、大阪枚方工場 副工場長・佐野貴則が高円宮家へ献菓を行なった。
2016年10月3日
「林先生が驚く初耳学!」における、モンブランの収録風景。

2016年10月1日
「2016年度・食の文化フォーラム・甘みの文化」
2016年10月1日、東京・港区の”味の素食の文化センター”において、「2016年度・食の文化フォーラム・甘みの文化」、第2回「甘みの深化」が開催された。ちなみに第1回は「甘みへのあこがれ」と題して、6月4日に行われている。
今回は「和菓子の世界」として元虎屋文庫の青木直己氏、「西洋の菓子」としてブールミッシュの吉田菊次郎、「調理と甘み」として長野県短期大学の中澤弥子氏がゲストスピーカーを努めた。
続いてこの3氏を軸にシンポジウムに移り、活発な質疑応答が行われた。
ちなみに第3回は2017年3月4日、同所にて開催予定。

【写真左】吉田 菊次郎
【写真右】左より、コーディネーター 山辺規子氏(奈良女子大学)、総合司会 南 直人氏(京都橘大学)、青木 直己氏(元虎屋文庫)、吉田 菊次郎、中澤 弥子氏(長野県短期大学)

2016年9月2日
やまなしサポーターズ倶楽部交流会
「やまなしサポーターズ倶楽部交流会」が東京・六本木ヒルズで開催された。
後藤斎山梨県知事の呼びかけのもと、"やまなし大使"を拝命する吉田菊次郎も参加。
フルーツ王国を自認する同県の秋の味覚のぶどうを初め、ワイン・ジュエリーなどのやまなしブランドや、ポーク・サーモンレッドなどの食材を活用した料理などが一同に会し同夜、大盛況を呈した。

※【写真左】リニア中央新幹線の展示をバックに、後藤斎知事夫妻と吉田菊次郎
【写真中央左】やまなしの名品とそれを使った各種の料理
【写真中央右】後藤斎山梨県知事と吉田菊次郎
【写真右】リニア中央新幹線の模型

2016年9月2日
歌舞伎座に出演中の中村吉右衛門さんの楽屋を、白水社の及川直志社長とともに訪問。 中村吉右衛門さんは、吉田菊次郎の小中高を通しての同級生。

2016年6月7日
世界の医療団 支援者の集い・ソワレガラ2016」のチャリティー・ビュフェ開催
6月7日、東京広尾のフランス大使公邸において、上記の催しが行なわれた。
これは2001年より毎年開催されているもので、ティエリー・ダナ駐日フランス大使出席のもとに 料理・製菓業界の主だったシェフやその帰属する企業が参加・協賛し、盛会の一夜となった。
製菓業界からは藤井商事の藤井克昭、ブールミッシュの吉田菊次郎等が参加。

※世界の医療団とは、1980年にフランスで設立され、人道医療支援活動を世界各地で行なう非営利 非政府組織。人種、性別、年齢、国籍、宗教を問わず「医療」を提供し、支援の現場の真実を 「証言」する活動を行なっている。

※【写真左】 吉田菊次郎(中央)、世界の医療団理事長 ガエル・オスタン氏(左)、ティエリー・ダナ駐日フランス大使(右)
【写真中央左】会場風景
【写真右】 日仏のシェフが集合 (前列中央)吉田菊次郎

2016年6月4日
2016年度 食の文化フォーラム「甘みの文化」開催
6月4日、上記のシンポジウムが、東京港区の"味の素食の文化センター"において行なわれた。
第一回は「甘みのあこがれ」のタイトルの元に「甘みの発見」(武蔵野美術大学・関野吉晴教授) 「アジアの甘さ」(ライター)、「砂糖の世界史」(甲南大学・井野瀬久美恵教授)、そして 吉田菊次郎による甘味デザートの講演。コーディネーターは奈良女子大の山辺規子教授、総合司会は 京都橘大の南直人教授が務めた。食に関わる各分野の専門家が集い、熱心な質疑応答も行われ 会場全体が盛り上がった。
第二回は10月1日、「和菓子の世界」(元虎屋文庫の青木直己)、 「西洋の菓子」(ブールミッシュの吉田菊次郎)、「調理と甘み」(長野短期大学の中澤弥子教授) の講演。第3回は2017年3月4日に同所において開催される。

※【写真右】 吉田菊次郎と味の素代表取締役会長・味の素食の文化センター理事長 佐藤雅俊氏

2016年5月28日
岩合光昭さんの写真展「ネコライオン」が日本橋三越で行なわれた。 開店前に秋篠宮文仁新王殿下と紀子妃殿下のご来臨を賜り、石塚邦雄 三越伊勢丹ホールディングス会長と、小田忠信・クインビーガーデン社長とともに吉田菊次郎も出迎え、岩合光昭氏が直接ご説明をなされた。

2016年5月20~22日
「アペリティフ365」in 東京 2016 開催
5月20~22日、東京代官山ヒルサイドテラスにおいて、上記のイベントが行なわれた。
アペリティフとは、「食欲を刺激する」という意味のラテン語のaperireが語源で、好みの 飲み物やアミューズを手にお喋りに興じる、食前の和気あいあいとしたひと時のこと。 主催はフランス農業・農産加工業・林業省、SOPEXA JAPON(フランス食品振興会)で 在日フランス大使館&農林水産省が後援している、日仏の料理人や製菓人が集い、この イベントを盛り上げた。製菓業界からは、フレデリック・マドレイユやブールミッシュの 吉田菊次郎、パティシエ・シマの島田進等が参加。

※【写真左】 会場風景
【写真中央】クレープシュゼット販売風景
【写真右】 ブールミッシュスタッフ一同

2016年3月30日
「アペリティフ365」2016"のプレス発表会
フランス大使公邸にて"「アペリティフ365」2016"のプレス発表会が行なわれた。
アンドレ・パッション、ドミニク・コルビーといった在日フランス人シェフとともに吉田菊次郎も参加。
テュエリー・ダナ駐日フランス大使、サビーヌ・オフェレール駐日フランス農務参事官の出席を得て なごやかなアペリティフ・パーティーが行なわれた。

※【写真左】 吉田菊次郎とテュエリー・ダナ駐日フランス大使
 【写真中央左】吉田菊次郎とサビーヌ・オフェレール駐日フランス農務参事官
 【写真中央右】下段中央・吉田菊次郎、上段中央・テュエリー・ダナ駐日フランス大使

2016年3月23日
フランス農事功労章受章者協会(MOMAJ)主催の技術伝承菓子講習会
フランス農事功労章受章者協会(MOMAJ)主催の技術伝承菓子講習会が、東京・東新橋の フランス料理文化センターで行なわれた。
吉田菊次郎が織田信長、豊臣秀吉、徳川家康が食べたかもしれないデザートやパンを製作。 大森由紀子氏がフランスの地方菓子をそれぞれデモンストレーションで紹介した。

【写真左】吉田菊次郎(右)、中西昭生(左)
 【写真右】吉田菊次郎(左)、大森由紀子氏(右)

※【写真左】 織田信長が食べたかもしれない「幻のチーズケーキ・ケジャアト」
 【写真中央】豊臣秀吉が食べたかもしれない「黄金のお花見デザート」
 【写真右】 徳川家康が食べたかもしれない「酒種パン」

2016年3月10日
女優・浦壁多恵さんの「ルルドの奇跡」公演が北千住のテアトル1010で行なわれ、応援に駆けつけた。

2016年3月3日
秋篠宮邸に参内
秋篠宮文仁親王殿下のお招きにあずかり、秋篠宮邸に参内。 楽しく歓談し、お菓子とあめ細工のオブジェを献上した。

2016年2月16日
「お菓子と文化」講演会
文京区立青柳小学校において、今春卒業する6年生を前に「お菓子と文化」のタイトルで吉田菊次郎が講演を行なった。
お菓子の持つ役割と、3.11におけるお菓子をもって行なった災害支援の話に全員が聞き入ってくれた。

2016年2月16日
衆議院議員会館の森まさ子先生のオフィスにて、災害支援活動等のお話をする。

2016年2月4日
「森まさ子さんを励ます会」
参議院議員 森まさこさんを励ます会が東京プリンスホテルで催され、地元福島県や在京の多くの方が参加し、石原伸晃経済再生担当大臣を始め多数の議員が駆けつけた。

※【写真左】 森まさこ議員と吉田菊次郎
【写真中央】石原伸晃経済再生担当大臣と吉田菊次郎

2015年11月19日
「田中教育グループ&ルノートル製菓学校・姉妹校締結20周年記念式典
11月19日、上記の催しがフランス大使館・大使公邸で行なわれた。

※【写真左】 壇上であいさつする吉田菊次郎
【写真中央】左:ジャン・ベルナール・フィシュパン ルノートル製菓学校主任教授、中央:吉田菊次郎、右:ベルトランド・ルビュグル ルノートル製菓学校校長
【写真右】 左:吉田菊次郎、右:サビーヌ・オフェレール フランス大使館農務参事官

2015年10月30日~11月30日
ぱしふぃっくびーなすにおいて「吉田菊次郎のお菓子で巡る船の旅・スイーツクルーズ」を開催
2015年10月30日~11月30日の行程で豪華客船「ぱしふぃっく・びーなす」による、2015年アジア周遊クルーズが行なわれた。
同船上において、吉田菊次郎が"お菓子で巡る船の旅・スイーツクルーズ"と題する洋上グルメイベントを開催。デザート教室や「世界のスイーツの魅力」と題する講演及び各寄港地のスイーツの紹介などが行なわれ、クルーズ中の連日大盛況を博した。

※【写真左】 トークショーの風景
【写真中央】船内厨房にて 左端・中西昭正、中央・吉田菊次郎
【写真右】 クルーの方々と

2015年10月10日
立川高島屋にてトークショーの開催
立川高島屋において、吉田菊次郎トークショー「お菓子と文化&シブースト秘話」が開催された。

2015年10月6日
高円宮家へアントルメとあめ細工を献上
吉田菊次郎・悦子夫妻は、ブールミッシュ・パティスィエの上野昭一郎と共に高円宮家を訪れ、マンゴーとトンカ豆のムースとあめ細工のオブジェの献菓を行なった。

2015年9月24日・25日
フィンランドの製菓・製パン講習会
ブールミッシュ製菓アカデミー主催による、フィンランドの製菓製パン講習会が、9月24日、25日の2日間にわたって、東京渋谷区にある日本製粉・東部技術センターで行なわれた。
ヘルシンキの老舗店エクべリのオーナーのマーティン・トゥカツィック氏と同店パティスリーのシェフのヤニ・クレメッティ氏、 同じくベーカリーシェフのセルゲイ・ムラトフ氏を招いてのもので、フィンランドの代表的な製品の紹介と実習が行なわれ会場一杯に詰めかけた受講生たちを魅了した。

2015年9月19日
日本橋三越本店にてトークショーの開催
日本橋三越本店本館2F紳士イベント・スペースにおいてトークショー「スイーツクルーズ・吉田菊次郎見聞録」が開催された。

2015年9月
サビーヌ・オフェレール氏を囲んでの歓迎ディナー
この度、9月に在日フランス大使館に新しい農務参事官のサビーヌ・オフェレール氏が着任した。
このことを記念して、田中健一郎、服部幸應、加藤信、吉田菊次郎、藤井克昭等、MOMAJ(日本・フランス農事功労章受章者協会)の有志理事とオフェレール氏、そして12月迄務めたニコラ・ベルトレ氏を囲んで歓迎ディナーが代官山のレストラン・パッションで催された。
出席者それぞれがフランス語で自己紹介とごあいさつをし、オフェレール氏からも日仏親善に尽くす旨のごあいさつがあり、また、ニコラ・ベルトレ氏のこれまでの功績をたたえてなごやかな時を過ごした。

※【写真左】左・吉田菊次郎、右・サビーヌ・オフェレール氏

2015年9月4日
やまなしサポーターズ倶楽部交流会の開催
東京六本木ヒルズ・ハリウッドプラザホールにおいて、「やまなしサポーターズ倶楽部交流会」が行なわれた。
「やまなし大使」を拝命している吉田菊次郎も招待を受け、後藤斎山梨県知事と同県産の果実の拡販等についての意見を交換した。
会場では山梨県内で飼育・栽培・収穫された食材を活用した料理が紹介されたり、歌や踊りのアトラクションがあったりで、大いに盛り上がった。また、2027年開業のリニア中央新幹線も改めて紹介され、会場は熱気に包まれた。

※【写真左】左・後藤斎山梨県知事、右・吉田菊次郎

2015年9月1日~2日
KITATANI SWEETS FESTA 2015
株式会社キタタニ主催による、「KITATANI SWEEETS FESTA 2015」が和歌山ビッグ愛にて 開催された。
吉田菊次郎は別会場で開催された、特別講演会「スイーツ業界の未来はどこに!!」にパネラー として出席した。

2015年8月2日
セゾン美術館がリニューアルオープン
長野県軽井沢のセゾン美術館がリニューアルオープンをし、故 堤清二氏と親交の深かったドナルド・キーン氏をはじめ、多くの文化人・関係者がお祝いに訪れた。

【写真左】ドナルド・キーン氏と吉田菊次郎
【写真右】ドナルド・キーン氏と吉田悦子

2015年6月18日
「お菓子と文化」及び「スイーツによる災害支援」
川崎市生涯学習プラザにおいて、吉田菊次郎の講演会が行なわれた。

2015年5月31日
福士誠治さんのサプライズ・バースデー
NHKのドラマ「まんまこと」の収録が横浜市のTBS緑山スタジオで行なわれているが、そこで5月31日、主演の福士誠治さんのサプライズ・バースデーが行なわれた。
本当の誕生日は6月3日だが、出演者の都合等で同日にくりあげたもの。NKHの連続ドラマでは、収録中に主演級の役者が誕生日を迎える時、当人にだけ知らせずに驚かして 喜ばせる、そうした趣向のことをしばしば行なう。
当日もブールミッシュの吉田菊次郎と中西昭生の作ったバースデーケーキの突如の入場で、現場は大いに盛り上がり、共演の竹下景子さんや高橋英樹さんたちも一緒になって、福士誠治さんの3日前倒しの誕生日を祝った。

2015年5月19日
「ピュラトス・ナイト」の開催
ピュラトス・ジャパン主催による「ピュラトス・ナイト」が、2015年5月19日・品川プリンスホテルで開催された。
当日は香港、台湾、シンガポール等アジア圏のユーザーも集まり、ピュラトスによるチョコレートを中心としたシンポジウムが行なわれ、活発な討議や新たな提案も行なわれた。
また同日夜は同ホテルにおいて盛大なディナーが行なわれ、リュック・リーバウト駐日ベルギー大使も出席して、盛会のうちに幕を閉じた。

※【写真左】左・リュック・リーバウト駐日ベルギー大使、右・吉田菊次郎
【写真右】右から1番目・リュック・リーバウト駐日ベルギー大使

2015年5月15日~17日
「アペリティフ365」in 東京"開催
"「アペリティフ365」in 東京"が、5月15日から17日に東京代官山で開催された。
アペリティフとは、ちょっとしたお茶や軽食を楽しむフランスの習慣で、フランス政府の後立てをもって、近年世界中でこの習慣を盛り上げるイベントが行なわれている。
この期間、代官山ではヒルサイドテラス及び道路をはさんだ向かい側では日仏の料理人及び製菓人が模擬店を開き、来場者にそれぞれ得意のメニューを提供した。なお、初日はティエリー・ダナ駐日フランス大使も駆けつけ会場を盛り上げた。

※【写真中央】2列目左から3番目・吉田菊次郎、1列目右から2番目・ティエリー・ダナ駐日フランス大使
【写真右】中央・吉田菊次郎、右奥・ティエリー・ダナ駐日フランス大使

2015年5月11日
「フェアウェルパーティー」
宝塚歌劇団星組・海隼人さんの退団の「フェアウェルパーティー」が帝国ホテルで行なわれた。 同日は柚希礼音さんをはじめ数人の退団があり、東京宝塚劇場周辺は多くのファンの熱気に包まれた。

2015年4月17日
「アペリティフ・2015」のプレス発表会が、東京代官山で行なわれた。

【写真左】フランス大使館農務官、ニコラ・ベルトレ氏と 【写真右】集合写真風景

2015年3月31日
ベルギーの在日パティシエ、ベンヘー・ヨリス氏による、技術講習会が川崎市のブールミッシュ製菓アカデミーにおいて行なわれた。
吉田菊次郎をはじめ、ブールミッシュスタッフがサポートし、会場を盛り上げた。

2015年3月18日
フランス農事功労章受章者協会主催・菓子講習会
東京港区のフランス料理文化センターにおいて、フランス農事功労章受章者協会主催の菓子講習会が開催された。講師は吉田菊次郎と藤野真紀子さん。
吉田菊次郎は昨年に続いて”続・東北震災復興メニュー”として、「三陸わかめと味噌のヌガー・モンテリマール」「ずんだの白くないブランマンジェ」「仙台みそのパルフェ・グラッセ」の三品を、藤野真紀子さんは”家庭でできるパティスリー”として「ダミエ」「タルト・シトロン」「ロアミス」の三品をそれぞれ製作。会場一杯の受講生を魅了した。

2015年2月27日
衆議院議員「森まさ子さんを励ます会」
衆議院議員「森まさ子さんを励ます会」が行なわれ、石破茂国務大臣をはじめ多くの方が集まった。

森まさ子さんご夫妻といっしょに。

2015年2月9日
横内正明・山梨県知事を表敬訪問
千代田区平河町の都道府県会館・山梨県事務所を訪ね、2月末日をもって知事職を全うする横内正明知事と面談。
これまでの御礼を述べるとともに、在職中のさまざまな関わりに想い出話の花が咲いた。また、任命を受けた山梨大使については、引き続き全うするよう改めて御指示賜った。

2014年12月23日
NHK総合テレビ「視点・論点」に出演
NHK総合テレビ「視点・論点」に吉田菊次郎が出演。タイトルは「クリスマスはケーキだ!」その時々の注目される事柄についてそれぞれのジャンルのオーソリティが述べ、解説する番組。この回はまずクリスマスの意味とその日時、また重要視されるイヴについて説き、続いて世界各国の クリスマスケーキを、その背景とともに紹介。
そして最後に日本の代表的なクリスマスケーキがショートケーキになった理由を解説。
ちなみにその他各国のクリスマス・スイーツは「ビュッシュ・ド・ノエル(仏)」「シュトレン(独)」「プラム・プティング(英)」「ヘクセンハウス(スイス)」「パネットーネ(伊)」「ジンジャークッキー(北欧)」「スペキュラース(ベルギー)」で、その製作と準備にはブールミッシュ製菓アカデミーの村松周と中西昭生」があたった。

2014年12月8日
日本食文化・食産業交流フォーラムinベトナム
ベトナム・ハノイのニッコーハノイホテルにおいて、表題のフォーラムが開催された。アベノミクスによるクールジャパン政策の一環によるもので、農林水産省主催、JICA協力、日経BP社を事務局として行なわれた。
当日はベトナムの政府関係者、同国実業家及び日本大使館、全日空等航空各社などが参加。テーマは”安心・安全・美味しい「日本発祥菓子」とそれを支える高度な設備”第一部は戸田顕司・日経レストラン編集長、吉田菊次郎ブールミッシュ社長、林孝司・関東混合機工業社長による講演。第二部は上記三氏によるシンポジウム。そして終了後の懇親パーティーの構成。
なお会場内ではブールミッシュによるパティスリーやコンフィズリーの展示と試食サービスが行なわれ、活発な質疑応答が行なわれた。またベトナム国営テレビが入り、フォーラムの状況や各氏のインタビューが行なわれ、収録後同日中に放映。大きな関心が示された。

※【写真中央】 左より戸田顕司日経レストラン編集長、吉田菊次郎、林孝司関東混合機工業社長

2014年11月27日
吉田菊次郎の先輩同窓生にあたる、(株)松屋オーナーの古屋善範氏を囲む会が、東京・三井クラブで行なわれた。 ラブリンこと片岡愛之助さんら多くの著名人が集まった。
2014年11月26日
「田川会」
暁星国際学園、田川茂校長主催の「田川会」がホテルオークラで行なわれ、多くのOBや関係者が集まった。
吉田菊次郎は田川会の副会長を務めている。

【写真左】左から吉田菊次郎、田川先生(中央)、北大路欣也さんご夫妻
【写真右】北大路欣也さん

2014年11月20日
ベルギー王国及びルクセンブルク大公国両国の商工会議所共催による親睦ガラパーティー
ベルギー王国及びルクセンブルク大公国両国の商工会議所共催による親睦ガラパーティーが、東京港区のコンラッド東京において開催された。
ベルギーのリュック・リーバウト駐日大使及びルクセンブルクのベアトリス・キルシュ駐日大使ご臨席のもと、両国と商いを通じて結び付きの深い多くの人々が集い、日本との交流を深めた。
さすがにチョコレート王国らしく、ピュラトス・ジャパンやゴディバを始め、多くのスイーツ関連企業が参加し日本からも多数の関係者が招待を受けた。そして会半ばより、チョコレートやファッション・グッズ等両国の特産品が当たるクイズ大会が行われるなど 大盛況を呈した。

※左よりリュック・リーバウト ベルギー王国駐日大使、ジャン・ピエール・ベルナルディノ・ピュラトス・ジャパン代表取締役社長とベアトリス・キルシュ ルクセンブルク大公国駐日大使と

2014年11月15日
西武百貨店高槻店開業40周年記念イベント 吉田菊次郎トーク&スイーツ講習会
西武百貨店高槻店が開業40周年を迎え、記念イベントのひとつとして吉田菊次郎のトーク&スイーツ講習会が行なわれた。
集まった多数の来場者を前に「お菓子と文化」の演題の後、フランスのデザート菓子「ベル・エレーヌ・美しきヘレン」と「家庭で作れるクリスマスケーキ」の実演を行った。
その後、試食会・ジャンケン大会を行い、吉田菊次郎に勝った小学生の女子児童に講習会のデモンストレーションで作ったクリスマスケーキがプレゼントされ、大盛況を博した。

※左よりトーク&講習会風景(吉田菊次郎と佐野貴則副工場長)、賞品のクリスマスケーキを獲得した小学生

2014年11月3日
アラブ首長国連邦(UAE)の王族ハファド氏に招かれ、ドバイを訪問。

【写真左】同行した(株)キタタニ・北谷英市社長、吉田菊次郎、ハファド氏
【写真右】日本文化の理解者にして、日本刀等の愛好家

2014年10月22日
高円宮家へアントルメとあめ細工を献菓
吉田菊次郎・悦子夫妻は、ブールミッシュ パティスィエの齊藤友也と共に高円宮家を訪れ、ムース・オ・カシスのアントルメとあめ細工の工芸菓子の献菓を行った。

2014年10月17日
Bunkamuraザ・ミュージアム「夢見るフランス絵画展」オープニングセレモニー
10月18日~12月14日まで、東京渋谷のBunkamuraザ・ミュージアムにおいて、毎日新聞社主催による「夢見るフランス絵画展」を開催。
これに先立ち、17日駐日フランス大使ティエリー・ダナ閣下出席のもとに、盛大なオープニングセレモニーが行われた。トヨタ自動車他が協賛、フランス大使館が後援、フランスに縁の深いブールミッシュが協力同会場内では、モネの睡蓮をデザインしたブールミッシュの絵画展記念のお菓子が販売された。

※左よりスピーチをする駐日フランス大使ティエリー・ダナ閣下、大使と歓談する吉田菊次郎、モネの睡蓮のデザインの記念菓子

2014年10月15日
「土屋品子さんと語る会」
吉田菊次郎のパリ時代からの親友・衆議院議員「土屋品子さんと語る会」が、都内ホテルで行われ家族ぐるみで駆けつけた。

【写真左】左から吉田悦子、吉田菊次郎、土屋品子さん、吉田真悟
【写真右)在日アイスランド大使 ハンネス・ヘイミソン

2014年10月7日~12日
「東横のれん会」商業施設等視察の研修旅行
10月7日~12日、東急百貨店創業80周年を記念し、百貨店名店街の草分けの東横のれん街を構成する「東横のれん会」が商業施設等視察の為のハワイ研修旅行を行った。
オアフ島のアラモアナ・ショッピングセンターをはじめ、ハワイ島の諸施設を視察の後、親睦ゴルフ大会が行なわれるなど大盛会のうちに、無事研修旅行を終了した。

※前列右より山本泰人氏(山本海苔副社長)、吉田菊次郎、河本 武氏(ユーハイム社長)、二橋千裕氏(東急百貨店社長)森口 一氏(味の浜藤社長)、細田治氏(榮太樓總本鋪会長)、岡本 猛氏(まい泉社長)その他順不同で黒川光博氏(虎屋社長)、山口信ニ氏(モロゾフ社長)、渡辺太郎氏(ヨックモック社長)、依田龍一氏(銀座ウエスト社長)久保田陽彦氏(豊島屋社長)、等多くの方々が参加した。

2014年9月28日
「山梨県防災センター開所 一周年記念イベント
お菓子にしたい絵コンテストで、吉田菊次郎が2人のお子さんにキッズパティスィエ賞授与、FMフジに出演。同ステージにて、吉田菊次郎は横内正明知事により「やまなし大使」に任命を受け、任命証が授与される。

2014年9月22日
三国清三氏還暦、仏大学名誉博士号、オテル・ド・ミクニ30周年を祝う会
三国清三氏還暦、仏大学名誉博士号、オテル・ド・ミクニ30周年を祝う会に出席。左から司会の徳光和夫氏、鎧塚俊彦・川島なお美夫妻、吉田菊次郎。

2014年9月20日
矢崎節夫氏の童謡文化賞授賞式
金子みすゞを発掘した矢崎節夫氏が童謡文化賞を受賞。
祝賀会には、金子みすゞの詩をあめ細工で表現した吉田菊次郎をはじめ、左から金子みすゞをドラマにしたTBS石井ふく子プロデューサー、金子みすゞの長女上村ふさえさん、金子みすゞ一代記を読んだ一龍斎春水さん、金子みすゞを演じた小林綾子さん、NHK迎康子プロデューサー等が参列した。

2014年7月23日
吉高由里子さんのサプライズバースデー
NHKの朝の連続テレビ小説「花子とアン」に主演の吉高由里子さんのサプライズバースデーが収録中の横浜・緑山スタジオにおいて行なわれた。

【写真左】吉田菊次郎(右)、中西昭生(左)
【写真中央】お祝いに駆けつけた土屋太鳳さんと
【写真右)収録中のサプライズバースデー

2014年6月14日
大阪・大手前大学・大阪ラボにおいて、講習会を行なう。

2014年6月13日
大阪泉北高島屋において、お菓子と災害支援についてのトークショーを行なった。

2014年6月2日
第54回 モンドセレクション(世界食品品質コンテスト)
第54回、モンドセレクション(世界食品品質コンテスト)が、フランス・ボルドーに於いて開催された。
4品エントリーし、全品最高金賞を受賞
※「トリュフケーキ」17年連続、「ガトー・オ・マロン」12年連続、「ガトー・オ・ガナッシュ」14連続「ガトー・ウィークエンド(オレンジ)」5年連続

2014年6月2日
モンドセレクション・ツアーで同行した、ロッテ代表取締役社長 重光宏之氏ご夫妻と。

2014年5月28日
日本テレビ「歴智小五郎」に協力。明治5年のロールケーキを再現。

2014年5月18日
吉田菊次郎の小中高を通してのクラスメートの中村吉右衛門さんのご息女波野瓔子さんと五代目尾上菊之助さんがご結婚。
その披露宴が、東京港区のホテル・オークラにおいて盛大に行なわれた。
2014年3月21日
ニコラ・ブッサン氏による技術講習会
フランスのMOF(フランス最高技術者)のニコラ・ブッサン氏によるグランマルニエを用いた技術講習会が、川崎市のブールミッシュ製菓アカデミーに於いて行われた。 吉田菊次郎、中西昭生、村松周他の同校スタッフがサポート。
首都圏遠方を問わず、多数の製菓人やお菓子愛好家が参加し、大盛況を呈した。 なお、ニコラ・ブッサン氏はグランマルニエ社の技術顧問を務めている。

【写真左】講習会風景 【写真右】ニコラ・ブッサン氏を囲んで

2014年3月16日
衆議院議員土屋品子さんのお花の会が、銀座東武ホテルで行なわれた。

土屋品子さんを囲む吉田菊次郎夫妻

2014年3月8日
東北大震災三周年を前に吉田菊次郎が”みすずトーク
東北大震災三周年を前にした「第17回みすずコスモス交流会」が、金子みすず生誕地の山口県長門市で行われた。
地元の大西倉雄市長とともに、みすず作品のスイーツオブジェを手がけてる吉田菊次郎が挨拶を行い、 金子みすず伝を読んでいる一龍斉春水氏と共に乾杯の音頭を取った。翌9日、関係者一同のみすずさんの墓参に続き、長門市図書館において、 「みすずトークinながと・吉田菊次郎先生に聞く」 と銘打ったトークショーが行われた。
聞き手は金子みすず記念館館長 矢崎節夫氏。当日は全国からファンが集まり、市をあげての一大イベントとなった。

2014年3月6日
フランスよりギヨーム・ガロ農産食品・林業大臣が来日。
これに合わせてフランス農事功労章受章者協会設立10周年記念式典がフランス大使公邸で行われた。
吉田菊次郎を含む同会員は全員コックコートに勲章を付けて同大使を迎え、またそれぞれが料理やデセールを持ち寄り、来場者にサービスを行った。
同会場にてクリスティアン・マセ駐日大使と。

2014年2月18日
中澤惣一 中沢グループ代表を偲ぶ会が帝国ホテルで行なわれ、多くの業界及び文化人が訪れた。

【写真左】バルト関と 【写真中央】ウィリー沖山氏 【写真右】会場に飾られているパネル、左から2人目が若い吉田菊次郎

2014年2月8日
フランス本国の「フランス料理アカデミー」の会員に推挙される。
吉田菊次郎のかつての修行先のクリスティアン・トロニア氏と同会のデュポン会長の推薦を受け、2014年2月8日、パリ大学医学部会場においてその認証式が行われた。
式後は同大構内において盛大なパーティが行われ内外の会員が親交を深めた。

2014年1月24日
高円宮家への献菓
ブールミッシュ黒川工場の信原萬正と吉田菊次郎夫妻が赤坂の高円宮家に伺い、心を込めたお菓子を収めさせて頂いた。

2014年1月22日
NHK「クイズ百人力」のクイズ問題制作。 解答者として、ブールミッシュスタッフが協力。

2013年12月25日
NHK朝の連続テレビ小説「花子とアン」の収録が行われている横浜の緑山スタジオでサプライズ・クリスマス・パーティーが行われた。
ブールミッシュの中西昭生開発シェフにより大型ケーキが吉田菊次郎 とともに収録中のが吉田菊次郎とともに収録中の現場に突如登場し、スタジオ中がエキサイティングの盛り上がった。

2013年12月12日
NHK朝の連続テレビ小説「花子とアン」に制作協力。於・横浜、緑山スタジオ

2013年12月5日 放送
NHK総合TV 「QBクイズバトル47」収録風景
”世界のクリスマスケーキ”のうちのスイスの「ヘクセンハウス」とイギリスの「プラム・プディング」

2013年11月16日
吉田菊次郎、フランス料理アカデミー・フランス本部会員に推挙される。

2013年11月2日
池袋西武において、空也とブールミッシュのコラボ商品を紹介。
2013年10月26日
JR東日本ステーションリティングとブールミッシュのコラボレーション。
JR東日本ステーションリティングとブールミッシュのコラボ レーションで、東京の畑で芋を作付け。それをもって東京銘菓を作り、11/22より東京駅にて販売。店名は「TOKYOの畑から」

2013年10月9日
(株)コージーコーナー小川啓三前社長の会において、富司純子さん、五代目尾上菊之助さんとともに
2013年10月3日
恒例の高円宮家への献菓
ブールミッシュ黒川工場の内田達也と吉田菊次郎夫妻で赤坂の高円宮家に伺い、心を込めたお菓子を収めさせていただいた。

2013年10月1日
衆議院議員、子育て担当大臣・森まさ子先生の事務所を訪問。 災害支援及びクールジャパン政策等について会談。
2013年9月28日
山梨県庁防災センター開所式
横内知事とブールミッシュ吉田菊次郎が鏡割りを行う

2013年9月28日
山梨県庁防災センターでの、FMフジのラジオ生放送

2013年6月8日
フランス共和国 オラント大統領夫妻をフランス大使館で歓迎。
来日したオラント・フランス大統領が、フランス大使館を訪れた。
フランス共和国から農事功労章を授かった日仏の料理人、製菓人、約50人が一同に会し、胸に勲章をつけて大統領ご夫妻をお迎えした。
吉田菊次郎も大統領と握手や言葉を交わし、同夫人とも親しくお話をさせて頂いた。

※前列左端が吉田菊次郎

2013年5月31日
2013年度モンドセレクション 特別金賞を受賞
2013年度のモンドセレクション(世界食品品質コンテスト)がスウェーデンのストックホルムで行われた。(会場はノーベル賞の受賞式が行われる同じ会場)
(株)ブールミッシュは、トリュフケーキの16年連続をはじめ、4ヶの特別金賞を受賞。同夜・同会場で盛大な晩さん会が行われた。

2013年5月
秋篠宮文仁新王殿下を訪問
「生き物文化誌学会」小田忠信副会長、中澤康浩・中沢フーズ社長とともに、東京赤坂の秋篠宮文仁新王 殿下を訪問。殿下は同会の要となっておられる。
2013年4月20日
安倍総理大臣主催による「さくらを見る会」の開催
安倍総理大臣主催による「さくらを見る会」が新宿御苑で行われた。
3年振りとなる今回は各界から約1万人がご招待され、吉田菊次郎・悦子夫妻もお招きにあずかった。
同日朝8時30分より始まり、各閣僚に加えて北島三郎さん、AKBの前田敦子さんや、ももいろクローバーzさん、渡邊美佐さんといった多くの芸能人や著名人でにぎわい それぞれに親睦を深めた。

写真は森まさこ少子化担当大臣及び稲田朋美クールジャパン戦略担当大臣と吉田菊次郎

2013年4月19日
第26回 全国菓子大博覧会が広島において開催
2013年4月19日、大会総裁を務められる三笠宮彬子女王殿下のご臨席を賜わり、華々しく開幕した。
全日本洋菓子工業会のブースでは、吉田菊次郎が殿下をお迎えし、お菓子と一年の行事についてご説明させて頂いた。
なお、同博覧会は5月12日まで開かれている。

2013年3月27日
フランス農事功労章受賞者協会主催・技術講習会
フランス農事功労章受賞者協会主催の吉田菊次郎による技術講習会が開催されました。
被災地支援スイーツの1つ、仙台麩を使ったサバランを製作しました。

2013年3月23日
神戸スイーツ学会・第2回学術研究発表会
神戸スイーツ学会(研究者や洋菓子店、神戸のスイーツをこよなく愛する人々の立ち上げたNPO法人)の第2回学術研究発表会が2013年3月23日大手前大学さくら夙川キャンパスで行われた。
吉田菊次郎が「スイーツヒストリー・お菓子の歴史・文化をさぐる」と題した特別講演を行い大盛況を博した。

2013年3月10日
「真夜中のパン屋さん」撮影打ち上げ
2013年4月より放送予定のNHK BSプレミアム連続ドラマ「真夜中のパン屋さん」の撮影打ち上げ風景

2013年3月8日
「真夜中のパン屋さん」の全ての収録が終了。出演者全員が集合。

2013年2月8日
「テーブルウェア・フェスティバル」
東京ドームにおいて、高円宮妃久子殿下の御臨席を賜り「テーブルウェア・フェスティバル」が
行なわれた。その中のイベントで「ノリタケの器でつづるスイーツヒストリー」と題した
吉田菊次郎のトークショー及び対談が行なわれた。

2013年2月3日
NHKの連続テレビドラマ「真夜中のパン屋さん」に出演中の土屋太鳳さんが、20才の誕生日を迎え、 収録中にサプライズバースデーが行なわれた。

2013年1月
秋篠宮文仁新王殿下の御臨席を賜り、「生き物文化誌学会」新年の会が行なわれた。

殿下の右後ろが吉田菊次郎

2012年10月5日・6日
2012年アジア・フード・カルチャー・フェスティバル
韓国・仙川のコンベンションセンターにおいて、「2012年アジア・フード・カルチャー・フェスティバル」が開催され、日本フードコーディネーター協会落合なおこ副会長のコーディネイトのもとに、吉田菊次郎も協力。
「スイーツによる一年の歳時記」の展示、及び「現代のスイーツ文化」のタイトルによる講演を行った。

2012年8月24日
NHK BSプレミアム連続ドラマ「真夜中のパン屋さん」に全面協力
2013年4月より放送予定のNHK BSプレミアム連続ドラマ「真夜中のパン屋さん」に全面協力をいたしました。

右より、吉田菊次郎・中西昭生・村松周

2012年8月9日
東北復興支援の一環として、同日カネカ食品主催による吉田菊次郎トークショーが
東京・浜松町の産業貿易会館において行なわれた。

2012年7月23日
やまなし農産物魅力発信懇談会

【写真上段左】吉田菊次郎と菅原文太さん
【写真上段右】吉田菊次郎と横内正明山梨県知事
【写真下段】スピーチをする横内正明山梨県知事

2012年7月22日
金子みすゞトーク
2010年より、みすゞ生誕80年を記念して、全国でみすゞ展が開催されていたが、昨年の3,11を機にみすゞの名がさらに全国に知れ渡った。
そのみすゞ展に当初より協力していたブールミッシュの吉田菊次郎を招いて、7月22日、銀座フェニックスプラザにおいて「金子みすゞトーク・吉田菊次郎先生に聞く」が開催された。聞き手は作家にして金子みすゞ記念館館長の矢崎節夫氏。司会は一龍斎春水氏。
「星とタンポポ」の"見えぬけれどあるんだよ"とサン・テグジュペリの「星の王子さま」の"大切なものは目にはみえないんだ"の相似点等に話が及び、大盛況を呈した。
2012年7月22日 金子みすゞトーク
2012年7月21日 ブールミッシュ 横浜・福浦工場完成

2012年6月16・17日
第7回食育推進全国大会
食育&復興支援フェスティバル横浜がパシフィコ横浜で行われた。
主催は内閣府・横浜市、服部幸應・田中健一郎(帝国ホテル総料理長)の講演、吉田菊次郎の協力等をもって大盛況を呈した。尚、吉田菊次郎は宮城県仙台市の明成高校の依頼を受け同県特産の白菜、仙台みそを使ったスイーツを作り、横浜市内のブールミッシュ販売店でPRに貢献した。

2012年5月23日
全日本洋菓子工業会総会後の創立50週年記念式典
全日本洋菓子工業会総会後の創立50週年記念式典において、日頃お世話になっている 高円宮妃殿下と楽しく歓談。
2012年3月15日
厚生労働省による「職場のいじめ・嫌がらせ問題に関する円卓会議」開催
吉田菊次郎が委員を務める「職場のいじめ・嫌がらせ問題に関する円卓会議」(座長・堀田力)が15日、職場でのパワーハラスメント(パワハラ)の予防と解決に向けた提言をまとめた。

2012年3月9日
仙台三越での金子みすゞ展に協力
東日本大震災一年に合わせ、吉田菊次郎のセッティングにより金子みすゞ展が、仙台三越で行われた。
石塚邦雄三越伊勢丹ホールディングス会長、石井ふく子TBSプロデューサー、小林綾子、吉田菊次郎等がテープカット。開幕と同時に多数のお客様が入られ、大盛況を呈すると同時に一様に一年前の出来事をしのんでいた。

2012年3月6日
吉田菊次郎・著作100冊、中沢・クリームドリームズ解説10周年を記念する会
吉田菊次郎著作100冊と中沢フーズのネット配信クリームドリームズ開設10周年の記念の会が行われた。
300人を超す来賓を前に、同級生の金子原二郎参議院議員や、森まさ子参議院議員、映画監督大林宣彦氏・中村雅俊氏等のご挨拶を頂き、被災地の仙台明成高校の生徒等と復興の決意表明が行われた。

2012年3月5日
NHK大河ドラマ「平 清盛」主人公の松山ケンイチさんサプライズバースデー
台本読み合わせ中に突然のサプライズバースデーに松山ケンイチさんもびっくりかつ大喜び。
ケーキはブールミッシュの中西昭生シェフと吉田菊次郎による武頼漢姿を型取ったチョコレート製で脇に同氏出身地にちなんだりんごのあめ細工を添えたもの

2012年2月17日
仙台明成高校に於いての被災地支援活動
宮城県産の食材を使ったスイーツの講習会を行った。当日は仙台麩のサヴァランと仙台みそのパルフェ・グラッセを同校生徒と共に作った。

2012年1月30日
農林水産大臣より感謝状を授与
被災地支援活動に対し、農林水産大臣より感謝状が授与されました。

2011年 11月9~17日
信濃毎日新聞社主催 信海セミナー
11月9日・・・於 松本
11月10日・・・於 諏訪
11月16日・・・於 伊那
11月17日・・・於 飯田

2011年9月23日
日本テレビ「女神のマルシェ」収録風景
吉田菊次郎 & 山崎工場長

2011年9月17日,18日
韓国仁川「2011・アジアフードカルチャーフェスティバル」
吉田菊次郎が招かれ、世界の行事、お菓子の展示とトークショーを行う。

2011年8月28日
テレビ朝日「学びEYE・ようこそくだもの王国 山梨へ」収録風景
【作品】フジの恵み

2011年7月24~8月21日
故郷・山口県長門市での金子みすゞ展・生地長門展に協力
「星とたんぽぽ」の作品をバックにイベントに携われた方々と。

左から(敬称略)、一龍斎春水、上村ふさえ(みすゞの長女)、吉田菊次郎石井ふく子、みすゞ館館長・矢崎節夫

2011年7月14日
フランス大使館主催 「パリ祭」福島県郡山市 迎賓館グランパレス
日仏の料理人、製菓人が集結し、被災地支援に協力。ブールミッシュ製菓スタッフは、約500人分のクレープシュゼットを実演サービスし大好評を博しました。

(左)フランス大使とブールミッシュスタッフ
(右)日仏の料理人・製菓人と

2011年7月26日
NHKTV オンエアー
向田邦子作 「胡桃の部屋」に出演する井川 遥さんのサプライズバースデー

出演者 竹下景子さん 井川遥さんと

2011年7月8日
厚生労働省による「職場におけるいじめ、嫌がらせ問題に関する円卓会議」開催
吉田菊次郎 が委員として任命を受け出席
政府側・・・小宮山洋子厚生労働副大臣(現・厚生労働大臣)
座長・・・堀田力 さわやか福祉財団理事長

2011年 6月14日
山梨県横内正明知事 全農山梨県会長 吉田菊次郎三者による「山梨産食材使用に関する覚書」 調印式

2011年 6月9日
日本テレビ AKB48 主演番組 「なるほど!ハイスクール」 収録場面
昭和30年代のクリスマスケーキ

ラジオ日本AM9.00~ 「ソレ知りたーい」に生出演
被災地支援呼びかける。

2011年4月28日
橿原近鉄創業祭トークショー
被災地支援を呼びかけ

平成23年4月24日 17時45分~
FM ヨコハマ 川崎市広報番組 SWITCH ! KAWASAKI
日本お菓子ばなし~川崎の巻 紹介と被災地支援の呼びかけの収録風景

2011年3月11日〜
被災地支援
宮城県の女川第二小学校等に お菓子をもって被災地支援をおこなっています

2011年1月5日、7日
NHK連続テレビ小説「おひさま」収録中
井上真央さん 1月7日サプライズバースデー 渡辺えりさん 1月5日サプライズバースデー

12月13日 2月10日
日本テレビ おは4
【ブールミッシュ製菓アカデミー収録風景】
世界のクリスマスケーキ、あったらしいバレンタインチョコレート

金子みすず展
2月2日~2月14日 銀座三越
5月14日~6月5日 そごう横浜店
金子みすずの長女・上村ふさえさん、一龍斎春水さんと

2010年12月19日
妻夫木 聡 30回目の誕生日、主演男優賞 受賞記念パーティー」
灯台を型どったバースデイケーキ

12月3日
東京大学駒場教養学部にて「フードサービスとデザート文化」
「フードサービスとデザート文化」の講義を持つ東大がスウィーツ文化に着目し始めたことに注目したい。

9月24日
大杉蓮さん バースデーパーティ
ドラマ「ジョーカー」の台本を型取ったバースデーケーキ

「没後80年 金子みすゞ展~みんなちがって、みんないい。」 に協力
2010年3月から2011年3月にかけて、毎日新聞社による上記表題のイベントが開催されます。
ブールミッシュはこれに全面的に協力し、製品開発シェフの 中西昭生と吉田菊次郎が、代表的な名詩(星とたんぽぽ)をモチーフにした純白のあめ細工の作品を作り、このイベントの告知に花をそえた。尚、同展覧会は、2010年3月24~4月4日の大丸心斎橋店を皮切りに、翌年の日本橋三越本店までの1年にわたり、全国主要百貨店や美術において順次開催されていく。

主催  毎日新聞社
監修  矢崎節夫(金子みすず記念館館長)
協力  金子みすず著作保存会、金子みすず顕彰会、金子みすず顕彰会
株式会社JULA出版局、長門市金子みすず記念館
特別協力、協賛、一流斉春水、吉田菊次郎

テーブルウェアー・フェスティバル2010にて吉田菊次郎トーク&チョコレートショー
テーブルウェアー・フェスティバル2010が、1月30日~2月27日まで東京ドームで行なわれた。
2月3日は、黒柳徹子トークショーとともに吉田菊次郎のトーク&チョコレートショーが行われた。中西照生、斉藤めぐみ、村松周のブールミッシュ・スタッフ等と、特設ステージで、【バレンタイン&がんばれ五輪・バンクーバー】と銘打ってパフォーマンスを行い、会場を盛り上げた。エグゼクティブ・フードコーディネーターの阪口恵子氏との掛け合いは風船を使つたムース・オ・ショコラ・バルーンの作り方を披露し、冬期オリンピックに向けては、各国をモチーフにした型取りチョコレート(フランスエッフェル塔、イギリス・スコッチテリア、デンマーク・人魚姫、アメリカ・自由の女神、オーストリア・バイオリン、日本・富士山他)にフィギュアスケート選手のシルエットを組み合わせたピエスモンテを作り、大盛況を博した。

2010年3月27日
現代俳句協会 2010年総会
現代俳句協会 2010年総会にて俳号 南舟子の名付け親 金子兜太 先生と

2009年12月4日
ケーキ作りでスイーツ男子応援
男性もお菓子作りを!をテーマにジャルジャルと共演

2009年10月8日
「函館フードフェスタin東京」
「函館フードフェスタin東京」が東京・高輪プリンスホテルで開催され道南産食材を使ったディナーに約1000名が来場。会食に先だち吉田菊次郎によるトークショーが行なわれた。

2008年7月
NHK大河ドラマ「天地人」
NHK大河ドラマ「天地人」、北村一樹さんサプライズバースデー。
後姿は上杉謙信に扮した吉田菊次郎

2009年7月23日
NHK大河ドラマ「天地人」
秀吉役 笹野高史さんサプライズバースデー
家康役 松方弘樹さんサプライズバースデー

2009年6月17日
映画「ノルウェイの森」撮影協力場面

2009年3月24日
フジテレビ2009年3月24日 p.m.9:00~11:30放送「絶対彼氏」スペシャル

2009年2月

「テーブルウェア・フェスティバル2009」が、東京ドームで行なわれ、同会場にて”バレンタイン・愛の祭典”と題して、アメ細工とトークショーを行なった。

2008年12月13日
NHK大河ドラマ「天地人」主演の妻夫木聡さんの誕生日に時代劇風バースデーケーキ

2008年12月
NHKの朝の連続テレビ小説「つばさ」のヒロイン、多部未華子さんの収録時の協力風景とバースデー
放映日:2009年4月〜9月

2008年
川崎「お弁当オリンピック」最終選考会

2008年2月
後楽園ドーム特設ステージでの 「バレンタイン・愛の祭典」実演&トークショー

2008年11月5日
テレビ東京2008年11月5日放送
「水曜ミステリー近松丙吉 最後のミステリー」撮影協力、製菓指導

2008年2月
フジテレビ連続ドラマ「絶対彼氏」の監修協力、毎週火曜日21:00より放映中
ブールミッシュ銀座本店が舞台。
ブールミッシュ・吉田菊次郎が監修協力しております。
放映日:2008年4月15日〜6月24日

2007年12月
NHK 朝の連続テレビ小説「瞳」の監修協力
放映日:2008年4月〜9月

2007年10月
製菓アカデミー授業風景
ブールミッシュ製菓アカデミーも皆様のご支援を賜り、順調に授業も進んでおります。お菓子に興味のある方はどなたでも、是非この機会にお問い合わせください。 お菓子を作る楽しさを一緒に体験してみませんか。

初心者の方から経験者の方まで楽しくご参加いただけます。

2007年9月4日
〈クリームの日イベント〉ハンカチ王子とハニカミ王子の2ショットが実現?
いま人気の早大の斉藤祐樹投手、高校生ゴルファー石川遼選手をかたどった特大のチョコレート菓子が9月4日、東京・新橋の食品会社中沢フーズで披露された。(時事通信社より)

2007年8月
NHK朝の連ドラ“どんど晴れ”無事撮影終了

2006年12月
NHK朝の連ドラ“どんど晴れ”で、製菓指導
4月2日からスタートするNHK朝の連続テレビ小説「どんど晴れ」では、ヒロインの父がパティシエという設定。吉田菊次郎が、洋菓子の製作指導を務め、ブールミッシュも撮影に協力。

吉田とブールミッシュスタッフが収録に協力致しました。
放映日:2007年4月〜9月

2006年12月13日
「メール・プラール」と業務提携発表
ブールミッシュは世界遺産“モンサンミッシェル”の「メール・プラール」社と友好的に事業を提携することを発表。2007年2月1日より同ブランドの展開を開始し、その一号店を銀座松屋にオープンしました。

2006年12月13日 フランス大使館にて

2006年10月28日~30日
人間力を高めるため若者を対象にした合宿セミナーで菓子作りを指導
2006年10月28日~30日、若者の自立を支援する職場体験イベント 「若者人間力キャラバン2006」が富士北ろく地域で行われ、最終日に吉田菊次郎から若者へ、「職」に対する思いなどを語りました。

厚生労働省の主体で、若者が自立しいきいきと活躍できる社会を目指して、企業や労働組合、学校、マスメディア、地域社会、政府が一体となって、若者をとりまく問題をそれぞれの立場で考え、サポートし、その輪を広げていく…そんな国民運動です。
国民運動の方針決定を行うのが「若者の人間力を高めるための国民会議」です。フリーターやニートの増加など、若者を巡る問題を踏まえ、経済、労働、教育、地域社会等の各界代表、学識経験者が議論を行っています。当社店主・吉田菊次郎は国民会議に委員として参加しております。

2005年10月27日
東京・赤坂御苑において執り行われた恒例の秋の天皇皇后両陛下の園遊会に宮内庁よりご招待を賜った。

中央が吉田菊次郎、その左が吉田悦子

2005年10月
「吉田菊次郎のお菓子で巡る世界の旅」でトルコを訪問。
イスタンブールで、同地の考古学博物館の開所式に来られていた三笠宮寛仁新王殿下と。
殿下とは1998年に行なわれた岩手菓子博以来、お親しくさせて頂いている。

2004年11月

フランス美食の会、クラブ・プロスペール・モンタニェより、サン・フォルテュナ勲章オフィシエ受章

2004年7月14日

石井好子先生プロデュースの「パリ祭」がNHKホールで開催。

2003年11月4日

新宿三越においてスイーツパティシエ展開催。吉田菊次郎のトーク、実演、古文書、製菓器具等の展示を行う。
この後、札幌三越、名古屋三越等で次々開催。

2003年7月18日

池袋・サンシャイン60において「ナムコ・フードテーマパーク・アイスクリームシティ」がオープン。
アイスクリーム博覧会に協力。   

2003年5月

モンドセレクション2003がベルギーのブリュッセルで開催される。
吉田菊次郎は家族で参加。出品五品が全て特別金賞を受賞。

2003年2月26日

JR名古屋高島屋ワールドスイートミュージアム&グルメ博覧会開催。
吉田菊次郎のトーク&お菓子の資料展示

2003年2月

テーブルウェア・フェスティバル2003が東京ドームで開催された。同会場内特設ステージにおいて吉田菊次郎、三浦秀一による「究極のスウィーツアート」の実演とトークが行なわれた。

2002年10月26日

寒雷鍛錬俳句会が諏訪湖ホテルで開催された。

2002年4月〜5月

第24回全国菓子大博覧会(通称・熊本菓子博)が三笠宮寛仁新王殿下のご来臨を仰いで開催された。

2001年6月19日

モンドセレクションがチェコのプラハで行なわれ、5品全部特別金賞を受章。吉田菊次郎が家族で参加。

2001年5月

ヨーロッパ製菓修行者の集い「エトワール会」最終会、於・熱海。
ちなみに第一回は1971年パリにおいて。

2001年3月20〜25日

横浜三越において、「2001スウィーツパティシエ展」開催。
吉田菊次郎の製菓講座、年表、内外の書籍、道具類の展示を行い、パティシエブームのきっかけとなる。

2001年2月

テーブルウェア・フェスティバル2001が高円宮憲仁新王殿下及び久子妃殿下のご来臨を仰いで東京ドームで行なわれた。

2001年2月

「テーブルウェア・フェスティバル2001」が東京ドームで開かれ、落合なお子さんと 吉田菊次郎のトークショーが行なわれた。
なお、ドーム球場のバックスクリーンにその催しが告知された。

2001年1月

キューピー3分クッキング収録風景

2000年5月

日本フードコーディネーター協会通常総会において、特別講演

2000年

日本ペンクラブの「ペンの日」の集い。

1999年7月

加藤楸邨先生の句碑が東京目黒の九品仏に建立され、長男の加藤穂高氏や加藤瑠璃子先生、金子兜太先生ら多くの俳人、ゆかりのある方々が集まった。

1998年11月

日本ペンクラブ主催「ペンの日」の催しが、東京・日比谷の東京会館で行なわれた。

1998年10月4日

学習院大学にて、「初めて食業をめざす人のための入門編」講義。

1998年5月

石井好子先生の出版記念会(於・銀座)。
銀林晴生先生、加藤瑠璃子先生、石井好子先生と

1998年5月

日本ペンクラブ通常総会(於・東京会館)において、瀬戸内寂聴先生と

1998年4月〜

岩手菓子博において、歴史館、文化館の監修を務めるとともに、会場内のお菓子教室も担当。同教室に三笠宮寛仁新王殿下ご夫妻の御来臨を賜り、出来立てをお召し上がり頂き、ご下問を賜った。また、その際彬子女王様用にと拙著をご所望下さり、サインもご所望された。同教室風景は同日のNHKニュースとして全国に流された。

1998年2月

日本橋三越本店において、バレンタインフェアが開催され、1Fの天女像前で吉田菊次郎がデモンストレーションを行なう。

1997年5月

日本ペンクラブ通常総会(於・東京会館)において、森繁久彌先生、尾崎秀樹先生、早乙女貢先生と

1996年11月22日

フランスの美食の会である、クラブ・プロスペール・モンタニエより、サン・フォルテュナ勲章を受賞

1996年11月

日本ペンクラブ主催「ペンの日」の催しで、辻井喬先生とタレントのエリカ・クローゼさんと

1995年11月

日本ペンクラブの「ペンの日」の集いにて早乙女貢先生、尾崎秀樹先生、伊藤桂一先生と。

1995年

CBC(中部日本放送。TEB系)系列のキューピー3分クッキングに毎週土曜日、計6年間出演。

1994年12月9日

ヴェルディ川崎・JリーグチャンピオンカップV2祝賀会にて

1994年11月28日

日本ペンクラブ主催の「ペンの日」の催しが日比谷の東京会館で行なわれた。
入会推薦者になって下さった伊藤桂一先生と。

1994年12月24日

玉川高島屋明治屋スイーツトレイン・ブールミッシュ・ショップにてサンタに扮して販売協力

1994年7月

加藤楸邨先生三会忌・寒雷記念大会において、金子兜太先生と。
この時、金子兜太先生より南舟子の俳号を賜る。

1994年5月

小中高を通しての同級生の中村吉右衛門ご夫妻と。(於・歌舞伎座)

1993年4月

日本ペンクラブ会合で、森繁久彌先生、早乙女貢先生と

1992年11月16日

食生活文化賞銀賞受賞。於・上野精養軒

1991年5月28日
全日本洋菓子工業会式典が高円宮憲仁新王殿下のご臨席を仰いで 帝国ホテルで行なわれた。 

1991年4月6日

韓国ソウル釜山で吉田菊次郎による、最新洋菓子講習会が開催された。
後援は東美デコール(現・コマジャパン)、ロッテグループのロッテ・サンガン。

1991年2月21日

日本ペンクラブの方たちとの懇親。

1990年11月

日本ペンクラブに入会。東京日比谷の東京会館において辻井喬(堤清三)先生と。

1989年10月3日

韓国のソウル、光州、釜山において、吉田菊次郎チョコレート菓子講習会が行なわれた。
韓国ソウルのパティシエの徐正雄氏が解説。同氏は後に同国洋菓子協会会長に就任。
後援は東美デコール(現・コマジャパン)、ロッテグループのロッテ・サンガン。

1988年4月13日
欧州菓業団体来日歓迎レセプション
1986年3月

「洋菓子の世界史」出版記念祝賀会が、出版元の製菓実験社主催のもとに、明治記念会館で行なわれた。

1984年5月
フランス・イッサンジョーにフランス国立製菓学校が開校。

全日本洋菓子工業会主催により、吉田菊次郎の引率にて第一回の研修ツアーを実施。

1984年

「第20回全国菓子大博覧会」が、東京神宮外苑で開催され、吉田菊次郎は大会役員・事業部長として実務にたずさわる。